栃木県の食品卸会社に入社して8カ月後に自殺した男性(当時23歳)の両親が、月100時間を超す残業が原因として国に労災認定を求めた訴訟で、東京地裁は27日、両親側勝訴の判決を言い渡した。難波孝一裁判長は「平均的な新入社員を基準にすると、男性には相当強度の業務上の心理的負荷がかかっており、うつ病や自殺につながった」と指摘した。

そんなにつらいなら仕事辞めろよ。
〓たつや〓