カテゴリ: PHP


CakePHP1.1のvalidateがしょぼい!
正規表現のバリデートしかできない。
バージョン1.2ではいろいろ指定できるようになってるっぽい。
バリデートはEthnaのほうが便利だ。

〓たつや〓


このエントリーをはてなブックマークに追加


たつや家計簿をCakePHPで作った。
はてなIDでログインできます。
使ってください!!
〓たつや〓


このエントリーをはてなブックマークに追加


フレームワークのCakePHPを使ってみた。
いい感じだった。
たつや家計簿
お盆中に完成させる。
〓たつや〓


このエントリーをはてなブックマークに追加


CakePHPを覚えるために
掲示板でも作ろうかなと思います。

CakePHPのいいところは
ライブラリーに依存しないところ。
PEARとかSmartyがいらない。
ソースをダウンロードして
それをサーバーにアップするだけで動く。

とりあえずサーバーにアップしてみた↓
http://bbs.tatsuya.in/
ちゃんと動いてるみたい。

中身はこれから作っていきます。

〓たつや〓


このエントリーをはてなブックマークに追加


Ethnaで現在実行中のアクション名を取得する方法
$action = $this->backend->ctl->getCurrentActionName();


〓たつや〓


このエントリーをはてなブックマークに追加


メモ:
PHPは変数名の大文字・小文字を区別する。
関数名・クラス名は区別しない。
〓たつや〓


このエントリーをはてなブックマークに追加


XML_RSSはAtomに対応していないです。
Atomに対応してるライブラリはないかと探してたらありました。
RSS1.0、RSS2.0、Atomと全部に対応してます。

インストールの仕方
pear install XML_Feed_Parser


Atomの取得の仕方(テキトー)
require_once 'XML/Feed/Parser.php';

$text = file_get_contents($atom_url);
$feed = new XML_Feed_Parser($text);

echo $feed->title; //フィードのタイトル
echo $feed->link; //フィードのURL

//1エントリーづつ配列にセットする
foreach($feed as $entry){
$item['url'] = $entry->link;
$item['title'] = mb_convert_encoding($entry->title,'EUC-JP','UTF-8');
$item['summary'] = mb_convert_encoding($entry->summary,'EUC-JP','UTF-8');
$item['updated'] = $entry->updated;

  $entrys[] = $item;
}

var_dump($entrys);

〓たつや〓


このエントリーをはてなブックマークに追加


PEARにHTML_TagCloud
いうタグクラウドを作るためのライブラリがあります。
このライブラリはnewsingのタグクラウドを
作る時にできたものらしいです。
へ~
へ~
へ~
〓たつや〓


このエントリーをはてなブックマークに追加


たつやランドの萌えボタンを参考にして解説します。
まずライブラリをダウンロード

wget http://www.prototypejs.org/assets/2007/6/20/prototype.js
pear install HTML_AJAX-alpha


でjavascriptにこう書く。

function moe(idol_id,moecount)
{
new Ajax.Request("http://land.tatsuya.in/index.php",
{
method: "get",
parameters: "action_moecount=true&idol_id="+idol_id+"&moecount="+moecount,
onComplete: moeCount
}
  );
}

function moeCount(result)
{
item = eval("("+result.responseText+")");
document.getElementById("moe").innerHTML = "萌え~("+item.moecount+")";
}


萌えボタンを押すと関数のmoeが実行されます。
action_moecount=trueのパラメータはethna独自のやつなので気にしないでください。

onCompletenには関数名を指定します。
通信が終わるとonCompletenで指定した関数が実行されます。
引数には通信した結果が自動で渡されます。

eval("("+result.responseText+")")でJSON形式のテキストを
オブジェクト?にします。

PHP側ではGETでデータを受け取って
ごにょごにょやって
連想配列をJSON形式に変換して
データを返します。

$result = $moecount + 1;
$result_array = array('moecount' => $result);

include_once "HTML/AJAX.php";

$json = new HTML_AJAX_JSON;
$json_data = $json->encode($result_array);

echo $json_data;


これで萌えボタン完成!
間違ったこと書いてるかもしれないので鵜呑みにしないでください。

〓たつや〓


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ